サクッとお小遣い稼ぎしたい人はコチラ!!

美しいフォルムのコーヒーメーカー CHEMEX(ケメックス)で美味しいコーヒータイムを♪

美しいフォルムのコーヒーメーカー CHEMEX(ケメックス)で美味しいコーヒータイムを♪
Pocket

どうもたっつー(@utakata_blog)です。

以前職場でのコーヒー事情を書きましたが、

 

どこでもコーヒーを淹れれる水筒!!コーヒー好きの為の STANLEY(スタンレー) 真空トラベルプレス

家ではケメックスのコーヒーメーカーでコーヒーを淹れてます。

何と言ってもこの美しいフォルムがたまりません!!

本日はケメックスのコーヒーメーカーを紹介します。

 

コーヒーメーカーってかっこいいものが多いですよねー。

ケメックスもその一つだと思います!!

ケメックスはアメリカの科学者ピーターシュラムボーム博士によって考案されました。

ケメックスって何かに似てると思いません!?

そう、三角フラスコです!!

科学の実験室に置いてあった三角フラスコをコーヒーメーカーの代わりに使って
日常的にコーヒーを淹れていたのがケメックス誕生へとつながったと言われています。

ケメックスの特徴として真っ先に上がるのがデザイン性の高さです。

世界的に有名なデザイナーであるチャールズ&レイ・イームズ夫妻も愛用していたのは有名な話。

またニューヨーク近代美術館(MoMA)、フィラデルフィア美術館、スミソニアン博物館などの
そうそうたる美術館に永久展示品に選定されていたりと世界的に評価されているコーヒーメーカーなんです。

家では使ってないときでも見えるところに出してたい!!いつでも見ていたい!!
そんな気持ちにさせられる存在ですねー。

見た目もさることながら実は機能的なケメックス

デザインばかりに目がいきがちですが、機能的なんです!!

さすが科学者!!

ケメックスのフィルターは一般的なペーパーフィルターよりも厚みがあり円錐形。

そのため均一の濃さでコーヒーを抽出することができるんです。

誰でも簡単に安定のあるコーヒーの味を引き出すことができます。

またドリッパーとサーバーが一体化されている独特な形。

コーヒーを抽出したらそのまま食卓に持って行ってコーヒーをマグカップに注ぐことができるのです。

この手軽さ、使い勝手の良さも愛されている一つの理由ではないでしょうか。

僕はコーヒーを入れたら自室にカップと一緒に持っていき、デキャンタがわりに使っています。

この形と手軽さはかなり重宝しますよー!!

ケメックスを使ってみてわかったデメリット

カッコ良さに惹かれ勢いで購入しましたが、使ってみると残念な点が2つだけありました。

専用のフィルターが必要

上記しましたが、ケメックスは専用の円錐型のフィルターでコーヒーを淹れます。

そう、専用のコーヒーフィルターが必要なんです!!

普通のコーヒーフィルターより割高です。

美味しいコーヒーのためと思えば、許容できる範囲ですが、気軽にどこでも売っていないのも不便と言えば不便です。

洗いにくい

見ての通り洗いにくいです。。。

専用の棒がついたタワシがありそれを利用すればなんてことないのですが、
ここでも別途費用がかかってしまいます。

ただ100円ショップにあるスポンジに棒がついている商品で代用できるので、
この点はあまり心配しなくて大丈夫かと思います!!

ケメックスのポイントまとめ

つらづらとデメリット含めて書きましたが、デメリットを差し置いても買ってよかったと思っています。

生活の道具は手がかかろうとどれだけ愛着が持てるかだと思います。

ケメックスはデザインも機能的な面も不便な面も全てを含めて愛すべきコーヒーメーカーです。

プレゼントにも最適ですよー!!

 

ポイント
  • ドリッパーとサーバーが一体化された世界が認める美しいフォルム
  • 誰でも簡単に美味しいコーヒーが淹れることができる機能的な作り
  • 専用のフィルターが必要だったり、洗いにくかったりする一面も

ライフスタイルカテゴリの最新記事