サクッとお小遣い稼ぎしたい人はコチラ!!

オシャレで書きやすいボールペン LAMYのローラーボール!!

オシャレで書きやすいボールペン LAMYのローラーボール!!
Pocket

どうもたっつー(@utakata_blog)です。

今回は僕が学生時代から使っているLAMYのローラーボールです。

LAMYとは

LAMY社はドイツの古都ハンブルグにて1930年に創業されました。

「機能によって形作られるデザイン」をコンセプトに製品作りを進め、
ラミー27という万年筆の発表により革新的なデザインと先進性が評価されるようになります。

それから現在まで確固たる地位を築いています。街中でもよく見かけますもんね。

技術力の維持と強化の為に、ドイツ国内の自社生産にこだわっており、
ほぼ全ての部品と全ての組立を社外に委託することなく自社工場で行なっているんです。

徹底した製品管理とは裏腹にデザインの部分では様々なデザイナーと共同開発しています。

こだわりの品質管理、そして機能的で斬新なデザインがLAMY (ラミー)の特徴であり魅力ですねー。

”文房具の定番”サファリの魅力

1980年に登場し、ブロダクト・デザインの歴史を塗り替えたボールペン。

リーズナブルな価格、豊富なカラーバリエーションが世界中で支持されています。

スケルトンや毎年限定カラーが出たりとほんと見ているだけで楽しいです!!

僕はイエローを愛用中です。

ペン自体は、プラスチック製で高級感があるわけじゃありません。
見た目通りポップなデザインでオシャレなボールペンという感じですね。

ただ造りも質感もしっかりしていて、チープな感じはまるでなく、
そこがサファリの愛されるポイントなのかなと思います。

なんといってもこの無骨なフォルムがかっこいいです!!

三角形のグリップの部分もしっくり手に馴染みますよ。

人間工学に基づいた持ちやすさと、優れた書き味の良さを両立し、
字を書くというボールペン本来の機能は申し分ないんじゃないでしょうか。

サファリのデザインのアクセントになっているペントップについた超大型のクリップがノートやファイルはもちろん、シャツやジーパンのポケットなどにもしっかりと挟めてとても便利です。

また別売りでリフィルが売っていますので、
中身を買うだけでずっと使えますよー。

ただペンのリフィルが太く、小さい文字を書くときに使い勝手が悪いという声もあるようでジェットストリームやSARASAの芯を入れている方もいるようです。

僕は専用のリフィルで満足しているのですが、用途と好みによるかと思いますので、自分にとって最高のローラーボールを作るのも楽しいですね。

純正以外の芯へ替える方法はネットで調べたらいろいろ出てくるので、替えて使おうかなという人は調べて見てくださーい。

モノを書く習慣がついた

大人になるにつれて文字を書くということってめっぽう減ってくると思います。

ローラーボール は生活の一部になるくらい大好きなボールペンで、相棒のごとくいつもどこかしらに挟んで行動を共にしています。

もちろん持ち歩くだけでは満足できません。使いたいんです!!

ということで何かしら文字を書くということが増えたんです。

「書く」ことは左脳を使い、「考える」ことは右脳を使うそうですよ!!

つまり「文章を書く」というのは脳をフル回転させるということなんです!!!

果たしてそれが僕にとってどんな効果をもたらしているかは謎ですが、お気に入りのボールペンに出会ったことでいい習慣が身についたなと感じています。

インクがなくなったら中身を買い替え使っていくうちに、
愛着がより強いものへと変わること間違いなしです!

ポイント

 

ポイント
  • リーズナブルな値段で、買いやすい。
  • インクの芯は買い替え可能なのでずっと使える。
  • 歴史が証明している書きやすさとデザイン。

ちなみに同じ形で万年筆タイプもありますよー。

 

 

ライフスタイルカテゴリの最新記事