wordpressブログの登録必須ASPはこちら!!

イギリス空軍も認めた本格仕様の腕時計!!”nonnative×SEIKO”の”CHRONOGRAPH WATCH”

2 min

どうもたっつー(@utakata_blog)です。

みなさん腕時計は何使っていますか。

腕時計ってピンキリですよねー。

もう何買っていいかわからない状態が6〜7年続いていました。

オメガやロレックスはなんだか小っ恥ずかしいし、 timexはチープすぎるし。。。

デジタルではなくアナログ

ボタンが程よくついている

シンプルだが重厚感がある

時計自体が分厚くない

ビジネスライクすぎない

ずっとこんな時計を探していたのですが、 そんな時に出会ったのがnonnative×SEIKOのCHRONOGRAPH WATCHです。

nonnativeに関しては以下の記事で紹介しているので是非こちらもみてきてください!!

イギリス空軍も認めた本格仕様のクロノグラフウォッチ

SEIKOと言えば日本が誇る世界的なブランドですね。

今回紹介する時計は1980年代にセイコーが、 イギリス国防省から求められるミルスペックを全てクリアした ミリタリークロノグラフ”Generation2″をデザインベースに採用しています。

イギリスの軍隊に官給されていたとあって品質は折り紙つきです。

nonnnativeらしさの詰まったこだわり

そんな”Generation2″をベースにしつつ、 nonnativeが現代のトレンドとデザインにアップデートしています。

ステンレススチールをマットブラックに仕上げしたケースは、 重厚感と気品が同居します。

重厚感はありますが、厚くも薄くもなくですんなりスタイルに溶け込みます!

ダイヤルリングに目盛りを入れ、 ホワイトが際立つ文字盤は視認性も抜群。

ブラックとカーキの2本のバンドが付属しますよー。

僕は別途購入したレザーのベルトに気分によって付け替えて楽しんでもいます。

裏蓋部には001~500までシリアルナンバーが入った 500本限定となるリミテッドエディションです。

時間精度においても平均月差で±15秒という高い性能や、 従来のモデルにはなかったアラーム機能を搭載し、機能面も充実しています。

ミリタリーな雰囲気ですが結構どんな場面でもいけちゃいます。

もう今やレギュラー中のレギュラー♪

nonnative×SEIKOのCHRONOGRAPH WATCHのポイントまとめ

✔ポイント

イギリス空軍に支給されており品質は折り紙つき。

NATOベルトやレザーのベルトなど気分によって付け替え可能。

時計が目立ちすぎることがない。

オススメです!!

関連記事