wordpressブログの登録必須ASPはこちら!!

文房具好きも認めた筆箱!!作り手の思いがそのまま形になった抜群に使いやすい”つくしペンケース”

2 min

どうもたっつー(@utakata_blog)です。

文房具好きとしては、好きな文房具を入れるペンケースにはこだわりたい。

ずっとそんな思いがありましたが、やっと納得のいくペンケースに出会いました。

本日はつくしペンケースを紹介します。

つくし文具店

画像出典:つくし文具店

つくし文具店は、東京JR中央線国立駅北口から歩いて20分ほどの場所に位置しており、

つくし文具店のオリジナル文具を取り扱っています。

つくしペンケースもそのうちのひとつ。

店のテーマは、「つながる くらしと しごと」。

文房具の販売だけではなく展覧会、ワークショップ、デザインの教室も催されているみたいです。

ペンケース以外のオリジナル文具もシンプルかつ機能的!

つくし文具店のホームページにて確認できますよ!
ホームページ

ちなみに『つくし』とは店主の母方の旧姓だそう。

つくしペンケースの使い方

内側は、下部分が浅めのポケットになっていて、真ん中より少し上に太めの帯がある構造です。

このポケットには、消しゴムや付箋紙、厚みのあるものも入れる事ができる優れもの。

そして中身がばらつかないように安定させるための帯。

ここにはクリップを挟んだりもできますし、

メモ帳を引っ掛ければ、手帳機能の付いたペンケースにもなってしまいます。

写真はつくし文具店オリジナルのつくしメモを引っ掛けている状態です!

ちょっとしたメモをササっと残せるので重宝してます。

つまり大小様々な文房具を好きにレイアウトし収納できます!!

たくさんの物を入れても不格好にならずスマートに収納でき、

ファスナーを閉じれば元のシンプルかつ素朴な印象になってしまう。

インスタで見てみるとピンバッジなどで個性を出されている方もいるみたいですねー!

自由度が高い!色々な使い方ができる!!
そんなところも「つくしペンケース」の魅力のひとつ。

ペンケース本体の素材はリネン100%の帆布。

帆布なので、手洗いすることもできます。

ファスナーの色は3種類が定番としてラインナップされている模様。

僕はブラックを愛用しています。

つくしペンケースのポイントまとめ

ポイント
  • シンプルで大容量、かつ自由度が高い。
  • 大容量が故にお気に入りの文房具をたくさん入れることができる。
  • つくし文具店オリジナルのペンケースの為、なかなか他人とかぶらない。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です