wordpressブログの登録必須ASPはこちら!!

WordPress(ワードプレス)おすすめプラグイン10つ|長所・短所も解説

6 min
WordPressインストールが終わって、ついにブログの開設ができました。
プラグインを入れたいけど、数が多すぎてどれを入れればいいのか分かりません。初期設定として入れておくべきプラグインを教えてください。
困っている人
困っている人

こんな疑問を解決します。

✔この記事を読んでわかること
  • WordPressのプラグインとは?
  • プラグイン導入のメリット、デメリット
  • 最低限入れるべきプラグイン 7つ
  • あると便利なプラグイン 3つ

WordPress最大の特徴のひとつとして『プラグイン』があります。WordPressにプラグインを導入することにより機能を拡張することができるのです。

今回は「WordPressブログを立ち上げたばかりでどのプラグインを入れればいいのかわからない」という人を想定して、プラグイン導入のメリット/デメリットやオススメのプラグインを紹介していきます。

ちなみに、まだWordPressを立ち上げていない人は、下記記事を参考にWordPressを開設しましょう。

WordPressの力を存分に発揮する為には今回紹介するプラグインは導入必至です。

ちなみにプラグイン導入の前に、WordPressテーマの導入をオススメします。というのも、WordPressのテーマに入れようと思っていたプラグインの機能が備わっている場合があるからです。

WordPressのテーマに関しては下記記事でオススメを紹介しているので参考にしてください。

プラグインとは!?導入のメリット、デメリット

まずは、『そもそもプラグインって何!?』という人向けにプラグインの概要、導入することによるメリット、デメリットを解説していきます

そもそもプラグインって何!?

✔プラグインとは

標準のWordPressにはない機能が『プラグイン』という形で配布おり、それらをWordPress上で追加インストールすることでウェブサイトに様々な機能を持たせることができるもの。

例えば以下のような、様々な機能を持ったプラグインがここでは紹介しきれないほどたくさんあるのです。

  • スパム防止
  • サイトマップ作成
  • SNSのフィード表示
  • メールマガジン機能
  • お問い合わせフォーム
たっつー
たっつー
この会話風の吹き出しもプラグインのおかげで簡単に作成できています。

数多くあるプラグインの中からあなたが使いたいプラグインを実装してブログ運営をしていくということですね。

プラグイン導入のメリット

プラグインを使うメリットはだいたい想像がつくかと思います。

  • 必要な機能のみを簡単に導入することができる
  • 導入後は管理画面のみで柔軟に対応できるプラグインが多い
  • プログラミングスキルやデザインスキルが必要ない

プラグインを導入すれば操作は設定だけで済み、時間が短縮できます。

またセキュリティ対策やお問い合わせフォームなど知識がなくても実装でき、個人では実現できなかったようなさまざまな機能が簡単に利用できるのです。

たっつー
たっつー
WordPressがここまでの普及したのもプラグインのおかげといっても過言ではないでしょう。

プラグイン導入のデメリット

プラグインはメリットばかりのように感じるかもしれませんが、デメリットもあるのです。

  • プラグインを入れすぎるとサイトが重くなる
  • サポートや更新が終わるプラグインがある
  • 他のプラグインと競合したり、バグったりする可能性がある

プラグインを多く導入するとその分サイトのロード時間が長くなり、サイトが重くなるということがあります。

また、プラグインにはまれにバグが潜んでいる場合があります。

たっつー
たっつー
多くのプラグインを導入することで、バグが潜んでいるプラグインを探し出すのに多大な労力を使わなければならないということになりかねない可能性もあるのです。

よって、安全なプラグインを必要最低限の数だけ導入することが必要なのです。

優秀なテーマを利用すればデメリットも問題なし!!

一長一短あるプラグインですが最適な利用方法は以下になります。

優秀なWordPressテーマを利用し、足りない部分をプラグインで補うべし!!

最近のWordPressのテーマは優秀で、プラグインをたくさん入れなくてもブログ運営に役に立つ機能が実装されています。

冒頭でも紹介しましたが、まずはテーマをしっかり選んでおくことをオススメします。

WordPress(ワードプレス)導入必須のプラグイン 7つ

ここからは、最低限入れておくべきオススメのプラグイン 7つを紹介します。

✔オススメのプラグイン7選
  1. Google XML sitemaps:サイトマップ作成
  2. Contact Form 7:お問い合わせフォーム作成
  3. Broken Rink Checker:リンク切れお知らせツール
  4. Akismet Anti-Spam:スパム対策
  5. TinyMCE Advanced:文字装飾エディタ拡張
  6. EWWW Image Optimizer:画像圧縮
  7. UpdraftPlus WordPress Backup Plugin:バックアップ/復元

それではひとつずつ見ていきます。

Google XML sitemaps【サイトマップ作成】

検索エンジン(Google)にサイトマップを送信するプラグイン。

✔サイトマップとは

サイトの設計図のようなもの。

サイトの構造を検索エンジンに理解してもらい、クローラーに正しく認識してもらう為に送信します。

Google XML sitemapsでサイトマップを作成し、Google search Consoleに送信すればOK。

送信しておくことで、新規記事をスムーズにインデックスすることができます。

Contact Form 7(お問い合わせフォーム作成)

1

サイトにお問い合わせフォームを簡単に作成することができるプラグイン。

こんな感じで作成が可能です。

ブログを運営していく上で、お問い合わせフォームは設置すべきです。Contact Form 7でサクッと設置しましょう。

Broken Rink Checker【リンク切れチェックツール】

サイト内に貼り付けたリンクがリンク切れをしたときにお知らせしてくれるプラグイン。

プラグインを有効化して、メールアドレスを登録しておくとリンク切れが起きた際に通知メールが届くのです。

リンク切れはもちろん引用したツイートの元投稿が消えた際も通知してくれる優れもの。

ブログの記事数が増えるとリンク切れの確認をするのも大変ですが、そんな労力もいらぬ心配ですね。

Akismet Anti Spam【スパム対策】

コメント欄のスパムを防止してくれるプラグイン。

コメント欄を設置している人は重宝するはずです。

というのもコメント欄には国内外問わずスパムコメントが投稿されます。

いちいちチェックするのは時間の無駄ですので、自動的に防止してもらいましょう。

TinyMCE Advanced【文字装飾エディタ拡張】

WordPressの記事を書く際のビジュアルエディタの装飾ボタンを増やすことができるプラグイン。

デフォルトの機能から記事作成に便利なボタンを増やすことができるのでオススメです。

テキストエディタ使わない人は不要ですよ。

EWWW Image Optimizer【画像圧縮】

WordPressに挿入した画像を圧縮してくれるプラグイン。

画像の圧縮方法はたくさんありますが、WordPress上でまとめて圧縮ができるのでオススメです。

外部サービスではTinyPNGが有名ですね。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin【バックアップ/復元】

WordPressのデータを丸ごとバックアップしてくれるプラグイン。

ワンクリックでできる手軽さが売りです。

バックアップのスケジュール化のできるので、万が一の際にも絶望しなくてすみますね。

復元もワンクリックでできる簡単操作が安心のプラグインです。

WordPress(ワードプレス)あると便利なプラグイン

続いて、導入していたら便利なプラグインを3つ紹介します。

有料のテーマを使っていれば初めから実装されている場合もありますよ。

✔あると便利なプラグイン3選
  1. Word Balloon:吹き出し作成ツール
  2. Smash Balloon Social Photo Feed:インスタグラム自動連携
  3. SiteGuard WP Plugin:セキュリティ対策

ひとつづつ見ていきます。

Word Balloon【吹き出し作成ツール】

会話風の吹き出しを簡単に表示させることができるプラグイン。

有料のテーマを利用している場合はテーマの標準機能として吹き出しの機能が付いていることがありますが、ついてない場合はWord Balloonがオススメです。

導入後の実際に吹き出しをつくる画面はこんな感じです。

たっつー
たっつー
設定後、記事を公開するとこんな感じで表示されます。

カスタマイズの種類も豊富にあるため、読者を引きつけるために大活躍するプラグインです。

日本製のプラグインで使い方は公式ページを見るとわかりやすいですよ。

ちなみに吹き出しのアイコンは『ココナラ』というサービスで作成しました。ブログアイコンを作成したいと考えている人はあわせてチェックしましょう。

Smash Balloon Social Photo Feed【インスタ自動連携】

インスタグラムにアップした写真を、WordPressブログに自動連携できるプラグイン。

連携が簡単で複雑な設定も必要ないので、簡単に導入できます。

さらにレスポンシブル対応なので、レイアウト調整の必要もないです。

僕もこんな感じでサイドバーにインスタのフィードを置いています。

インスタグラムアカウントをお持ちの方は是非連携してみると良いのではと思います。

SiteGuard WP Plugin【セキュリティ対策】

WordPressの管理ページやログインに関する攻撃から守ってくれるプラグイン。

インストールするだけで以下のセキュリティ対策が可能です。

  • 不正ログイン
  • スパムコメント
  • 管理ページへの不正アクセス

不正なログインや管理ページへの不正アクセスなんて考えるだけでゾッとしますよね。

備えあれば憂いなしのプラグインです。

最後に:プラグインを有効活用してWordPressの利便性をアップしよう

今回はWordP

ressを始めたばかりの方向けにオススメのプラグインを紹介しました。

今回紹介したプラグインをおさらいします。

✔オススメのプラグイン7選
  1. Google XML sitemaps:サイトマップ作成
  2. Contact Form 7:お問い合わせフォーム作成
  3. Broken Rink Checker:リンク切れお知らせツール
  4. Akismet Anti-Spam:スパム対策
  5. TinyMCE Advanced:文字装飾エディタ拡張
  6. EWWW Image Optimizer:画像圧縮
  7. UpdraftPlus WordPress Backup Plugin:バックアップ/復元
✔あると便利なプラグイン3選
  1. Word Balloon:吹き出し作成ツール
  2. Smash Balloon Social Photo Feed:インスタグラム自動連携
  3. SiteGuard WP Plugin:セキュリティ対策

プラグインを有効に活用してWordPressの利便性をアップさせましょう。

ただ、入れすぎにはご注意を。

今回は以上です。

関連記事

5 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です