Amazonから一冊タダで本をもらう方法はこちら!!

被リンクをもらうためのコンテンツの作り方7選|被リンク増でSEO効果を高めよう

4 min

ブログの被リンクを貰うためにはどんなコンテンツづくりを心がければいいの?ポイントを押さえておけば記事を書きやすいので教えてください。

悩んでいる人
悩んでいる人

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでわかること
  • 被リンクをもらえるコンテンツ=稼げるコンテンツ
  • 被リンクをもらえるコンテンツづくりの極意7選

今回は被リンクを貰うには「どういったコンテンツづくり」を心がけていけばいいのかを徹底解説。

被リンクを獲得するためには「高品質のコンテンツを作ることを常に意識して記事を書いていく必要」があります。

なぜなら、被リンクを獲得できるコンテンツとは簡単にいうと「ユーザーが読んで良かった」と思えるような記事のことだから。

この記事を読むと具体的に高品質のコンテンツ作成にはどのような点を意識すればいいのかがわかります。

たっつー
たっつー

それが結果的に被リンクを獲得できるコンテンツとなり得るのですね。

それではさっそくいってみましょう。

ちなみにブログ被リンクの概要、獲得手段、注意点に関しては下記記事にて紹介しています。

被リンクをもらえるコンテンツとは!?

冒頭で「被リンクを獲得できるコンテンツとは簡単にいうとユーザーが読んで良かったと思えるような記事のこと」と書きましたが、その点をもう少し掘り下げていきたいと思います。

被リンクをもらえる記事とは良質で高品質なコンテンツ

被リンクを獲得しやすい良質で高品質なコンテンツとは、ユーザーにとって有益なコンテンツのことです。

Googleも下記の通り、役立つコンテンツをたくさん提供するほど、被リンクが増える可能性があると言及しています。

自分のサイトに他のサイトから高品質で関連性の高いリンクを作ってもらうには、インターネット コミュニティで自然に人気を得られるような、関連性の高い独自のコンテンツを作成するのが最も効果的な方法です。良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役に立つコンテンツを多く提供するほど、そうしたコンテンツが自サイトのユーザーにとって有益だと気付く人が増え、そのサイト コンテンツへのリンクを設定してもらえる可能性が高くなります。

※引用元:SearchConsoleヘルプ

被リンクを獲得するにはGoogleも認めている通り、高品質なコンテンツ作成を心がけることが1番の近道なのです。

被リンクの獲得はSEO対策に莫大な効果あり【稼げるようになる】

高品質なコンテンツを作成することにより被リンクをもらえる可能性は高まりますが、それが結果的に稼げるサイトの作成になるのです。

高品質なコンテンツ被リンク獲得検索結果で上位表示PV数・クリック数向上成約数アップ

たっつー
たっつー

上記関係性が高品質なコンテンツ作成が稼げるサイトになる所以です。

高品質なコンテンツを作成することでユーザーはこのように感じるでしょう。

  • わかりやすい情報なので引用したい
  • 簡潔明瞭なので多くの人に共有したい
  • 情報が有益であるためシェアしたい

そのように思われることで被リンクをもらえるようになり、結果的に稼げるサイトにつながるのですね。

被リンク獲得のためのコンテンツ作成方法7選

ここからが本題ですが、被リンクを増やすためにどんな記事を書けばいいのかオススメのコンテンツの作り方を7つ紹介していきます。

被リンク獲得のためのコンテンツの作り方
  1. 最新の情報を記載する
  2. ユーザーの検索意図を考える
  3. 専門性・網羅性・独自性の高い記事を書く
  4. 読みやすいデザイン・構成にする
  5. ユーザーの悩みを解決する記事を作る
  6. イラスト・漫画・動画を使用する
  7. リライト前提でコンテンツを作成する

一つずつ確認していきましょう。

①:最新の情報を記載する

最新の情報を届けることはユーザーにとって非常に有益です

下記の記事タイトルがあれば、どちらが読みたいでしょうか?

  1. 【2016年度版】オススメのASP7選
  2. 【2021年度版】オススメのASP7選

もちろん、②の新しい情報が載っている記事を読みたいですよね。

常に新しい情報をユーザーに届けることを意識して記事を書きましょう。

たっつー
たっつー

Googleも最新の情報を高く評価します。

最新の情報を日々届けることで高品質なコンテンツの作成が完成しますよ。

情報は常に更新されていくものなので、頻繁にリライトをして最新の情報を保つようにも努力しましょう。

②:ユーザーの検索意図を考える

高品質なコンテンツ作成には、ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのかを考える必要があります。

「なんだ、知りたいことが書いていないじゃないか。。。」と思われては記事の意味がありませんよね。

検索意図を知るためには実際に上位表示を狙っているキーワードで検索してみることがオススメです。

上位表示されている記事は「検索したユーザーの満足する情報」が載っているので、その情報からユーザーが検索する意図を読み取ることが可能です。

しっかりとペルソナを設定して、想定読者をイメージしながら記事を書きましょう。

ペルソナ設定の重要性や設定の仕方については下記記事を参照ください。

関連キーワードやサジェストワードから推測することも有効的です。

関連キーワードやサジェストワードについてはキーワード選定時に大活躍します。下記記事にまとめているのでこちらもどうぞ。

③:専門性・権威性・信頼性の高い記事を書く

専門性・権威性・信頼性の高い記事というのはGoogleがサイトを評価する際に基準にしている指標になり、E-A-Tと呼ばれています。

  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

上記の頭文字をとってE-A-Tですね。

これらはSEO対策において必須の項目で、優良なコンテンツを作成する際に必ず意識する必要があります。

たっつー
たっつー

もちろん、ユーザーに対しても大事な項目ですね。

E-A-Tを高めた記事はGooleにもユーザーにも評価が高くなるので、結果的に被リンクを獲得しやすくなるのです。

④:読みやすいデザイン・構成にする

ユーザーは自分が読みにくいと感じた記事を被リンクを貼ってまで共有したいとは決して思いません。

リンクを貼って共有したい、引用したいと思ってもらうために読みやすいデザイン・構成にしましょう。

具体的には以下の点に気をつけましょう。

  • 目次を正しく使う
  • リストを使う
  • 簡潔な一文を心がける
  • 図や画像、イラストを使う
  • 周りくどい表現を避ける

デザイン面においてもWordpressを使っていれば最適なテーマを導入して「見やすさ」を追求しましょう。

オススメのテーマは下記記事にて紹介しています。

たっつー
たっつー

読みやすい記事、デザインは被リンク獲得のみではなく、SEO対策においても有効的です。

⑤:ユーザーの悩みを解決する記事を作る

ユーザーの悩みを解決できる記事はニーズに対して的確に応えることができるので被リンクを獲得しやすいです。

具体的には下記のような記事ですね。

  • ○○○の始め方
  • ○○○の解決策
  • ○○○の対処法

こういった記事は網羅性も兼ね備えており、シェアされやすい傾向があります。

シェアする人は、この記事で悩みが解決された感動を共有したい気持ちになるので悩み系の記事は効果的です。

⑥:漫画・イラスト・動画を使用する

漫画や動画など視覚や聴覚を刺激する表現方法も駆使しましょう。

コンテンツがより面白くわかりやすいコンテンツになるでしょう。

たっつー
たっつー

紹介者(リンクを貼ってくれる人)は、リンク先のコンテンツのセンスも重要視しています。

そういったコンテンツは独自性もあり、独自性のあるコンテンツはGoogleも良質な被リンクを獲得しやすいと明言しています。

⑦:リライト前提でコンテンツ作成をする

逆説的に聞こえるかもしれませんが、被リンクを獲得するためにはリライト前提でコンテンツ作成をしましょう。

なぜなら、コンテンツ作成は「分析⇨改善」の連続です。コンテンツを公開することによって見えてくる改善点も多くあります。

たっつー
たっつー

リライトを重ねて結果的に質の高いコンテンツに仕上げていく必要もあるのですね。

最初から100%を求めずに記事を公開してからの反応で客観的にリライトすることにより、ユーザーが求めるコンテンツ作成ができ結果的に被リンク獲得につながります。

リライトのやり方やポイント・注意点に関しては下記記事にて詳しく紹介しています。

最後に:被リンク獲得を意識したコンテンツ作成をしよう!!

今回は被リンクをもらうためのコンテンツの作り方について解説しました。

おさらいしましょう。

被リンク獲得のためのコンテンツの作り方
  1. 最新の情報を記載する
  2. ユーザーの検索意図を考える
  3. 専門性・網羅性・独自性の高い記事を書く
  4. 読みやすいデザイン・構成にする
  5. ユーザーの悩みを解決する記事を作る
  6. イラスト・漫画・動画を使用する
  7. リライト前提でコンテンツを作成する

被リンクの獲得はすごく重要です。

今回紹介したコンテンツの作り方を取り入れつつ読者に読まれるコンテンツを作っていきましょう。

今回は以上です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です