wordpressブログの登録必須ASPはこちら!!

ブログ記事の具体的なリライトのやり方を3つのパターンで解説|SEO効果を高めよう

5 min

ブログのリライトはアクセス数アップのために有効的と聞きました。実際にどうやってリライトすればいいの!?どの記事を選べばいいのかもわかりません。リライトの具体的な方法を知りたいです。

困っている人
困っている人

こんな疑問を解消します。

この記事を読んでわかること
  • 記事をリライトする意味とは!?
  • リライト前提で記事を書いてOK
  • ブログリライトの具体的な方法【パターン別に3つ】

今回はブログ記事のリライトについてご紹介します。

ブログは、分析改善を繰り返さないとSEO上位を狙うことがなかなか難しいですが、その作業の一つが記事のリライトなのです。

適切なリライト方法を実践していくとSEO上位表示が狙うことができ、結果的にブログアクセスが増え、売り上げにつながるのですね。

この記事では、リライトで知っておくべき前提知識適切なリライト方法を優しくわかりやすく解説していきます。

たっつー
たっつー

リライトと聞くと、どうすればいいかわからないという苦手意識がある人も多いですが、リライトなくして稼ぐことはできません。この記事で是非疑問を払拭していきましょう。

記事のリライトについて知っておくべき前提知識 3つ

まずはリライトについて知っておいて欲しい前提知識を紹介します。

なんとなくリライトしていくよりも前提の知識を理解した上でリライト作業に取り掛かる方が何倍も効果があるので、しっかり確認していきましょう。

ブログ記事のリライトをする意味とは!?

ブログ記事をリライトする意味として、ブログのSEO効果を向上させて、狙ったキーワードの検索結果で上位表示させることに尽きます。

たっつー
たっつー

そのために、記事の内容を追加したり、削除したり、書き換えたりするのですね。

リライトはより多くの人に読んでもらうために検索順位を上げる方法として必須のSEO対策になります。

リライトは狙ったキーワードでより上位表示させるために必須のものですが、そもそも最初の記事執筆時にキーワード選定が疎かになっている人は下記記事も参考にしましょう。

ブログ記事はリライト前提で執筆しよう

リライトは一度公開して、ある程度順位が安定した記事に対して行うものですが、少し記事執筆時の話をします。

最初の記事執筆時はリライト前提で記事を書きましょう。

理由としては以下です。

  • 100%の記事を書こうとすると恐ろしく時間がかかる
  • そもそも100%の記事なんて書けない(ユーザーやGoogleの評価が予測できない為)

まずは、100%の記事を書こうとして時間を無駄にするより、公開までの時間を早くして作業量を上げる方が得策です。どのみちGoogleから評価されるのは時間がかかります。

また、Googleやユーザーの反応は100%予測ができないので一度公開して後に、サーチコンソールや読者のコメントを元にリライトしていった方がより評価の高い記事が書けるからです。

たっつー
たっつー

このことを肝に銘じて記事を執筆していきましょうね。。

リライトの効果が発揮しやすい記事とは!?

続いて、どういった記事がリライトすることにより効果を発揮するのかも覚えておきましょう。

リライト効果を発揮する記事とは!?
  • アクセスがある記事
  • 検索順位が2〜3ページにある記事
  • 公開から3ヶ月以上経過している記事

まずは、アクセスが全くない記事をリライトしてもあまり意味はありません。

リライトの本質は狙ったキーワードでより上位表示させるためです。キーワード選定も定まっておらずアクセスがない記事をリライトしても無駄足になりかねません。

続いて、検索順位が2〜3ページにある記事を選びましょう。

理由として2〜3ページにあるということは少し手を加えれば上位表示が狙えるからです。2〜3ページ以降の記事でも意味はありますが時間と労力がよりかかるので2〜3ページの記事をリライトしていった方が効率的です。

最後に、公開から3ヶ月以上経過している記事をリライトしましょう。

検索順位は公開して3ヶ月ほどは安定しません。その間にデータも溜まりリライトすべき箇所が明確になってくるので時間はかかりますが、公開から3ヶ月ほどたった記事をリライトするようにしましょう。

具体的な3つのリライト手順をパターン別に解説

それでは、具体的なリライトの仕方を紹介していきます。

先ほどリライト効果が望める記事として下記3つを紹介しました。

  1. アクセスがある記事
  2. 検索順位が2〜3ページにある記事
  3. 公開から3ヶ月以上経過している記事

それぞれのパターンに分けてどのようにリライトしていけばいいのか解説していきますね。

①:”アクセスがある記事”のリライト方法

アクセスがある程度ある記事はさらにクリック率(平均CTR)を上げれるようリライトしていきましょう。

クリック率を改善することで、下記効果が見込めます。

「クリック率UP」⇨「PV数も増える」⇨「検索順位もUP」

たっつー
たっつー

アクセスがある記事に更にアクセスを呼び込めるようになるのです。

まずはクリック率を確認する方法から紹介しますね。

クリック率(平均CTR)の確認方法

クリック率を確認するにはGoogleのサーチコンソールを使います。

ブログ運営に必須のコンソールですが、まだ設定していない人は下記記事を参考に設定しておきましょう。

それでは早速サーチコンソールを開いてください。

左メニュー「検索パフォーマンス」⇨「平均CTR」と「平均掲載順位」をクリック。

続いて、赤丸部分の「+新規」をクリック。

検索キーワード」をクリック。

クリック率(平均CTR)を知りたいキーワードを入力し、「適用」をクリック。

そうするとクリック率(CTR)と掲載順位が表示されます。

この数値が高いか低いかの判断は下記、SISTRIX社が公開した2020年7月の検索順位別クリック率データを参考にしましょう。

検索順位クリック率
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%

検索順位とクリック率を照らし合わせて、クリック率が低ければリライトしていく感じですね。

クリック率(平均CTR)を上げるリライト方法

クリック率を上げる方法は下記2点です。

  • クリックしたくなるような魅力的なタイトルにする
  • メタディスクリプションをしっかり記述する

まず、タイトルについてですが、ここで解説すると長くなるので、クリック率のタイトルの選定方法は下記記事を参考にしてください。

続いて、メタディスクリプションについてですが、検索結果画面の下記赤枠の部分がそれになります。

メタディスクリプションを設定していないとブログ記事の冒頭が表示されます(上記画像は設定していない状態)。

たっつー
たっつー

メタディスクリプションは読者に記事内容を伝える役割があるので、設定することによりクリック率が上がりますよ。

詳しい設定方法や記述内容のコツについては下記記事にまとめています。

②:”検索順位が2〜3ページにある記事”のリライト方法

検索順位が2〜3ページ目以降にある記事についてはリライトによって滞在時間を改善していきましょう。

滞在時間が延びることで下記効果が見込めます。

「滞在時間UP」⇨「検索エンジンからの評価UP」⇨「検索順位もUP」

滞在時間に関しては人は大体1分間に500文字ほど読めると言われているので、読み飛ばしを加味して大体下記を参考にしてください。

  • 2000文字⇨3分くらい
  • 3000文字⇨4分半くらい
  • 4000文字⇨6分くらい
たっつー
たっつー

上記目安に対して極端に滞在時間が短い記事をリライトしていく感じですね。

まずは、滞在時間の確認方法から紹介していきます。

滞在時間の確認方法

滞在時間の確認方法についてはGoogleのアナリティクスを使います。

アナリティクスもブログ運営に必須ですが、まだ設定していない人は下記記事を参考に設定しておきましょう。

アナリティクスを開き、「①行動」⇨「②サイトコンテンツ」⇨「③すべてのページ」をクリック。

赤枠の部分が記事ごとの滞在時間になります。

先ほど紹介した文字数ごとの滞在時間を目安に、滞在時間が短い記事をピックアップしてリライトしていきましょう。

滞在時間を長くするリライト方法

滞在時間を長くする方法としては以下です。

  • 検索意図に沿った記事に書き換える、追加する

滞在時間が短いということは読者の検索意図(読者の品質的なニーズ)に答えてあげれていないことが多いです。

たっつー
たっつー

狙っているキーワードの検索意図に適切に答えることが必要ですね。

検索意図については下記記事にて解説しているので参考にして、記事の修正・追加を行いリライトしていきましょう。

③:”公開から3ヶ月以上経過している記事”のリライト方法

公開から3ヶ月経過しているのになかなか表示順位が上がらない場合はSEO対策が不十分な可能性があります。

今から紹介する箇所を見直しリライトするだけでも効果的です。

公開して数ヶ月立ってもなかなか順位が上がらない記事のリライト方法

具体的な見直しポイントは下記になります。

  • 内容(見出し)を追加する
  • 検索意図にズレがないか
  • 最新の情報に書き換える
  • 見出しにもキーワードをいれる

実際にキーワードで検索してみて上位表示されている記事と自分の記事を見比べてみてください。

その上で足りない部分があれば書き足したり、不要な部分があれば削除していきましょう。情報が古くなっている場合もリライト必須です。

たっつー
たっつー

上位表示されている記事と内容が大幅に違う場合は、検索意図にズレた内容になっているので、その点もあわせて確認しましょう。

最後に:必ずリライトを行いアクセス数をアップさせよう

以上、パターン別のブログのリライト方法でした。

最後に本記事のおさらいです。

  1. アクセスがある記事
    クリック率(平均CTR)をあげよう
  2. 検索順位が2〜3ページにある記事
    滞在時間を長くしよう
  3. 公開から3ヶ月以上経過している記事
    SEO対策を施そう

ブログのリライトは記事の表示順位を上げるための必須のSEO対策です。

記事を公開したら終わりではなく、リライトありきでブログ運営に望んでいきましょうね。

ブログリライトのポイントや注意点も下記記事にて紹介していますので抑えておきましょう。今回紹介したリライト方法とあわせて理解しておくと一石二鳥ですよ。

今回は以上です。

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です