wordpressブログの登録必須ASPはこちら!!

ブログ記事のリライトをする際のポイント6つと注意点2つを解説|SEO対策

4 min

ブログのリライトしたいのですが、どこをどうすればいいのか全然わかりません。

リライトをする際にコツやポイントってありますか?逆に注意点も聞きたいです。

困っている人
困っている人

こんな疑問を解決します。

この記事を読んでわかること
  • ブログリライトのポイント6つ
  • リライトする際の注意点2つ

今回はブログリライトのポイントと注意点について紹介します。

ブログは「リライトが重要」と聞くことは多いと思いますが、実際にリライトするとなるとドコをリライトすればいいのか全然わからない。。。となりませんか。僕も最初はまったくわかりませんでした。。。

リライトにはコツがあり闇雲にリライトしても時間を無駄にしかねません。

たっつー
たっつー

ブログのリライト作業はSEO効果を高め、検索上位を狙うために必ず必要な作業なので、リライトの方法やコツをしっかり理解しておくべきなのです。

この記事でブログリライトのポイント・注意点を理解して、無駄なく検索順位がアップできるようにしていきましょー!!

ブログの具体的なリライト方法については下記記事にてパターン別に方法手順を紹介しています。今回紹介するポイントと注意点を頭に入れた上で、あわせて参考にしてください!!

よりリライトについて理解が深まります。

ブログリライトのポイント6つ

まずは、ブログリライトをする際に有効的なポイントを紹介します。

リライトに有効的な6つのポイント
  1. 最新の情報に更新する
  2. 見出しにキーワードを取り入れる
  3. 記事内のキーワード出現率をあげる
  4. 共起語を記事内に散りばめる
  5. 記事の表示速度を改善する
  6. オリジナリティを意識する

ひとつずつ紹介していきますね。

①:最新の情報に更新する

記事内の情報に古い箇所がある場合は最新の情報に更新しましょう。

情報が古い記事は、読者にとってデメリットしかありません。

たっつー
たっつー

結果、離脱率も上がりますし、滞在時間も下がります。何より信頼を失ってしまいますね。

情報が古くなっている記事は最新の情報にリライトする必要があります。

②:見出しにキーワードを取り入れる

タイトルだけではなく、見出し(h2)にもキーワードを含めるようにしましょう。

見出し(h2)にも重要キーワードを入れることを意識してリライトすることにより、SEO対策においての相乗効果が期待できます。

たっつー
たっつー

あくまで自然な文章になるようにキーワードを含めていきましょうね。

見出しについてのより詳しい使い方は下記記事のもまとめているので参考にどうぞ!!

③:記事内のキーワード出現率をあげる

記事内にもキーワードを散りばめるようにしましょう。

記事内にキーワードがないとキーワードを取り入れたタイトルと記事な内容が希薄であると判断される可能性があります。

キーワードに関した内容の記事には記事内にも自然とキーワードが出てくるはずです。

たっつー
たっつー

記事内にキーワードがほとんどない記事であれば、自然な文章になるようにキーワードを散りばめることを意識してリライトしましょう。

④:共起語を記事内に散りばめる

共起語を記事内に散りばめることも効果的です。

共起語とは?
  • キーワードと一緒に使われる言葉のこと。

つまり共起語は検索エンジンにキーワードとともにコンテンツ内容を伝える手がかりを与えるものになります。

たっつー
たっつー

数多くの共起語が使われている文章は「キーワードと関連が深いコンテンツ」と判断してもらえるのですね。

リライト時はキーワードとともに共起語も文章内に散りばめていきましょう。

共起語の検索方法については下記記事にて紹介しています。

⑤:記事の表示速度を改善する

記事の表示速度が遅ければ、リライト時に修正したいポイントです。

なぜなら、アクセスしたページがなかなか表示されなければ離脱されてしまうから。

たっつー
たっつー

コンテンツの中身がいくら素晴らしくても表示速度が遅いと意味がありません。

表示速度の改善方法はいくつかありますが、一番手っ取り早い方法は「画像の圧縮」です。

表示速度の遅いページの確認方法や画像の圧縮方法については下記記事にて解説しているので参考にしてくだい。

⑥:オリジナリティを意識する

検索エンジンはオリジナリティがある記事を好みます。

実際にGoogleは下記の通り、オリジナリティがある記事を上位表示させると明言していますね。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

ウェブマスター向け公式ブログ

オリジナリティを持たせるってすごくハードルが高いように感じるかもしれませんが、あなた自身の実体験を盛り込んだり自分で作成した画像を利用するだけでも、それは立派な独自性です。

たっつー
たっつー

できる部分からコツコツとオリジナリティを出していけるようにリライトしていきましょう。

ブログリライト時の注意点2つ

続いてブログリライト時の注意点を2つ解説します。

リライトする意味を明確にしよう

リライトはSEO対策のために必須の作業ですが、闇雲にリライトしても効果は薄いです。

リライトする目的と手法をまず考えてからリライト作業に取り掛かりましょう。

目的
  • 上位表示させる意味はあるのか?
  • 何位を目指してリライトするのか?
手法
  • アクセスがある程度ある記事→更にクリック率を上げるリライト
  • 公開して数ヶ月立っているけど順位が上がらない記事→SEO対策を強化するリライト

上の手法に記載したものは一例ですが、公開している記事の状態によってリライト方法も変わってきます。リライトの具体的な方法については下記記事にて紹介しているので参考にしてくださいね。

一度リライトして終わりとは思わない

ブログ運営は「分析→改善」の繰り返しです。

一度リライトしたら終わりではなく、下記手順を心がけましょう。

  1. STEP

    記事公開

  2. STEP

    2〜3ヶ月後、順位チェック後リライト①

  3. STEP

    1〜2ヶ月後、順位チェック後リライト②

  4. STEP

    1〜2ヶ月後、順位チェック後リライト

こんな感じですね。

リライトする度に順位が上がっていっているかしっかり確認しましょう。

最後に:コツと注意点を心に留めてリライトに取り掛かろう!!

今回はブログリライトのポイントと注意点について紹介してきました。

具体的なリライトの方法に関しては「ブログ記事の具体的なリライトのやり方を3つのパターンで解説|SEO効果を高めよう」にて解説しているので、あわせて読むと効果倍増です。

では、今回のおさらいです。

リライトに有効的な6つのポイント
  1. 最新の情報に更新する
  2. 見出しにキーワードを取り入れる
  3. 記事内のキーワード出現率をあげる
  4. 共起語を記事内に散りばめる
  5. 記事の表示速度を改善する
  6. オリジナリティを意識する
リライトする際の2つの注意点
  1. リライトする意味を明確にして取り掛かる
  2. 一度のりライトで終わりと思わない

今回紹介したポイントと注意点を心に留めてリライトに取り掛かりましょう。

たっつー
たっつー

自然と身につくようになればこっちのものですよー。

リライト作業はSEO対策に必須ですので是非参考にしてくださいね。

今回は以上です。

関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です